« 「はじめましての絵本たち」2013年6月1日目(6/6) | トップページ | 出張「はじめましての絵本たち  in こひつじ文庫」2013年6月13日 »

「はじめましての絵本たち」2013年6月2日目 (6/8)

記・隊員3号 三蔵

さて、本日は、
キャンセルがあったにもかかわらず大人4人(立川・小平・東村山・そして三鷹から初めての方、各1人ずつ)と
付き添いの小さい人2人の合計6人に参加していただけました。


今日もいろいろな傘ばなしが伺えてよかったです。


では、今月のちらり。


Marakasu
クネクネさんのあざやかなわざとタイツがまぶしい一冊。
こんなゆるいおはなしが銅版画で描かれるギャップが楽しいわ〜。


Cheez
写真を撮るときの合い言葉ですが、カメラは全然出てきません。
長谷川さん、おはなしがうまいな〜。


Tabi
とうとう旅の絵本も8冊目、いよいよ日本です。
安野光雅さんのふるさとの津和野を描きながら、
ときどき違う場所も挟み込まれて、
いろいろなことを感じられると思います。


Mizu
水の惑星である地球、いろいろな角度から水を見つめます。
水、これからますます大切になりますね〜。


Bus
tupera tuperaさんの作品のなかでもソフトめな印象です。
いろいろな色のお客さまが出てきますよ、楽しいです〜。


Oseano
アノニマスタジオさんから今年もポップアップ絵本がでました。
海上と海の中が同時に楽しめる画期的なしかけ、
しびれます。


Kamisama
大好きなキティ・クローザーさんの新刊。
この前は死に神が主人公だったけど、こんどは神様と出会う話。
日本の八百万の神様っぽくていいわ〜。


Mendel
生物で習いましたね、えんどう豆の観察から遺伝の法則をみつけたメンデルの話。
生きているうちにはその功績が認められなかった話にうるっときました。


さて、次回は
7月4日(木) 国立・ギャラリービブリオ
7月6日(土) 立川・オリオン書房ノルテ店
です。

|

« 「はじめましての絵本たち」2013年6月1日目(6/6) | トップページ | 出張「はじめましての絵本たち  in こひつじ文庫」2013年6月13日 »

出前・はじめまして ~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「はじめましての絵本たち」2013年6月1日目(6/6) | トップページ | 出張「はじめましての絵本たち  in こひつじ文庫」2013年6月13日 »