« 1月 おとなたちの絵本部屋4    1/31木 | トップページ | 「はじめまして」の準備です。(2/5) »

おとなたちの絵本部屋 in オリオン・ノルテ 2013年1月 レポ

記・隊員1号(イーダ)

テーマ №98 つながる絵本・重なる絵本

1月-25金 28月 29火 31木 参加人数-17名(立川市4人、八王子、小平市、国立市、国分寺市、府中市、東村山市、昭島市、三鷹市、武蔵野市、練馬区、所沢市、大月市各1人、+隊員3号)

■絵本部屋

今回の絵本部屋のなかでの「つながる」と「重なる」の定義はあるような、ないような。イメージでは、それまでのストーリーや、言葉、絵などが、その後の展開に大きく作用しているようなもの。さらにひとつのパターンで繰り返される展開。そんな感じかしら。

大きくみれば、ページだてがある本は、すべて「つながる」「重なる」かもしれませんが、そんな中から、漠然と上記のような私のアンテナでひっかかったものを集めてみました。

ワンパターンの絵本が多いので、展開が読めちゃうフシもある。だけど、展開がよめても、思った通りに事が進むおもしろさもあると思います。期待どおりの面白さというか。繰り返しのしつこさも笑いにつながるというか。

子どものほうが、ツボな感覚かもしれないので、参加してくださった方たちには、自分の子ども心指数をはかってみてください、ということで絵本を紹介しました。

今回の絵本部屋がおもしろければ、子どもの心を忘れていないオトナの証拠。つまらなかったら、それは悲しいオトナになってしまったからで、絵本や、ナビ子・イーダのせいじゃないわよって(笑)。

30688586 00843713_2
 30412960_2
 

 31382112

左から   

32290564 31972798
 31620334
01503070



左から   

3249687231138865 
 31047254
 32131738

左から   

32859244 32144660

左から  

いろいろな繰り返しパターンの絵本を用意したつもりですが、バランス的には、積み上げ歌といわれるものを多く紹介しました。

ここにあげたものとは異なる絵本でも、ここにあげたものと同じパターンの絵本、または異なるパターンでの繰り返し絵本は、この世にはいっぱいあると思います。

010参加者へは、さらに「連想絵本」として、ここにあげたものと同様のパターンや、繰り返しのワンパターン絵本のリストをお配りしました。私が思いついたものだけですが。参加者の方からも、自由に本をあげてもらいました。

いっぱいありますよね。

4日間とも楽しく絵本部屋ができたので、みなさん、子どもの心を忘れないオトナたちの集まりだったと思います(?)。

みんなで読んだ『パパがやいたアップルパイ』が思いのほかもりあがり、参加者の自己紹介のテーマも「アップルパイ」にまつわる話をしてもらうことに。いろんなおいしいアップルパイの情報を聞けたことも収穫でした。

■おもちゃであそびタイ!ム

30688586『そしたらそしたら』すごろく

今回の絵本部屋で一番最初に読んだ絵本の見返しに載っているすごろくをみんなで遊びました。1月だし、お正月の記憶も新しいので、いいかなと。

絵本のストーリーにそったすごろくで、そうそう逆転劇がひきおこるわけでもなく、淡々と進められる感じがよかったです。

参加者には、コマを進める途中で登場する擬音語を口に出して言ってもらいました。

■イーダのつぶつぶ焼き

いやあ、今回の準備は手ごわかったです。早々とテーマを決めていたし、いつかこのテーマでやってみたいと温めてきた企画ですが、いざ選書する段階になると、あるわ、あるわ。だけど、おもしろいのに品切本も多くて、泣くわ、泣くわ(笑)。

自分なりにテーマの線引きを決める作業も難しかったけれど、時間も限られているから、要は私がおもしろい!と思う絵本を紹介しよう。そのことを大事に選んでみました。ということで、自信満々の絵本ばかりです。

|

« 1月 おとなたちの絵本部屋4    1/31木 | トップページ | 「はじめまして」の準備です。(2/5) »

出前・絵本部屋 ~レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。