« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

とこなっぺ 最終日 7/30月

記・隊員1号(イーダ)

最終日の催しも「聞いてみよう、みんなの本の話」。

「子どものころ好きだった本」「子どもが好きだった本」をテーマに7人で本の話をしました。

Image2「子どものころ好きだった本」では、本の内容もさることながら、その本を手にしたきっかけなどがとてもおもしろく、参加してくださった方たちの子ども時代をのぞいたような気分になりました。

Image3また「子どもが好きだった本」では、さすがに何回も読んだことが伝わってくるように、参加者の方が流暢に絵本を読んでくださって、こちらも子どもになった気分を楽しんでしましまいた。

049_3


3日間という短期間の「とこなっぺ」開催でしたが、今もとことこペンギン隊の催しに参加してくださっている方、国立時代の懐かしいお客さま、市の掲示板やギャラリーのポスターのなどで知った方、シトロンブックスからのお客さま、各隊員やギャラリー主人の友人・知人など、たくさんの方がご来場くださいました。

心地よいもてなしができたか、ちょっと不安ですが、また機会があれば国立に帰ってきたいものです。

まだまだ暑い日は続きそうですが、ペンギンの姿を思い出して、ちょっとでも涼しく感じながら残りの夏休みを過ごしていただけると、ペンギン冥利につきます。

| | コメント (0)

とこなっぺ 中日 7/29日

記・隊員1号(イーダ)

Image4

2日目の催しは、「聞いてみよう、みんなの本の話」。

「私の好きな夏の本」をテーマに、みなさんに本を持って集まってもらいました。

事前の申し込みは2名だったのですが、フタをあけてみたら、畳の部屋に人がいっぱい!

結局12名の方が参加してくださいました。

Image1


絵本、児童文学、雑誌、いろんな本を手に、みなさんに本の説明や思い出話をしてもらいました。本を持参していない方にも、記憶で話していただきました。

夏、記憶、成長、匂い、温度、いろんな要素がいっぱい詰まった夏の会になりました。

| | コメント (0)

とこなっぺ 初日 7/28土

記・隊員1号(イーダ)

050_2
夏のイベント・とこなっぺ初日。

隊員7号・ナナさんによる「なつこうさく・プチ」では、オリジナルの指人形や、波の音を作りました。

店時代に来てくれていた子が大きくなって参加してくれたり、また子どもだけじゃなく大人の方々の参加もありました。絵本講座の常連の方や、通りすがりにポスターをご覧になった方など。

048_5嬉しそうに自分のつくったものをお持ち帰りになる姿に、ナナさんも嬉しくなったそうですよー。

とこなっぺでは、「とこペンタイムス」の最新号、バックナンバーのファイル、店時代の思い出の品々の数々を並べました。

また、カードゲームなども置いてあるので、自由に取り出して畳の部屋で遊んでもらいました。

| | コメント (0)

とこなっぺ準備  7/27金

記・隊員1号(イーダ)

今年の夏のイベント「とこなっぺ」も翌日と迫った日、自宅から、国立のギャラリービブリオへ、いろいろとモノを運び込みました。ガラガラで。

店時代のアルバムや、講座のリスト、「ペンギンつうしん」や「とこペンタイムス」のバックナンバーファイル、それから当日遊ぶためのカードゲームなどなど。それから手持ちのペンギンの絵本など。

そして立川へ移動。

Paper Wallで、とこペン隊担当のオーシから、「とこペンタイムス」の原稿を預かりました。

これで、最新号の原稿が全部そろいました。

国立に戻ってギャラリーの近くでせっせとコピー。

一方、ギャラリーでは三蔵さんは「なつシトロン」の設営。

本来、私は「なつシトロン」のヘルパーとしてやってきたはずなのに、最後には三蔵さんを「とこペンタイムス」のほうへ巻き込み、今号でお世話になった方へお渡しするぶんをまとめてもらったり、気付けば三蔵さんをあれこれと使っている有様。

ひ、ひどいじゃないか・・・

| | コメント (0)

「はじめましての絵本たち」2012年7月2日目(7/9)

記・隊員3号 三蔵

本日の参加者は5人。
国立から1人、三鷹から1人、府中から1人、国分寺から1人、中野から1人。
いつも参加してくださるIさんのお友達が初めてのご参加。
嬉しいなあ。

初めてさんのお声のすばらしさにみんなで聞き惚れました。

さて、今月もご紹介した絵本の一部をちらりん。


Hanabiおくはらゆめさんの世界が炸裂しています。あまりにシュールでわたしはちょっとひいてしまいましたが、大変気に入ってくださったお客様がいらしてよかったです。

Sigeru大畑いくのさんの線画ってはじめて拝見したかも!新たな印象が新鮮な一冊です。おはなしが今どきな感じで、ちょっと面くらっちゃいました。


Deruゼロさんに「しゃばけ」シリーズをお借りしてからすっかり妖怪が好きになったわたくし。夏といえば、の妖怪本です。高谷さんの和風な絵が妖怪にぴったりです。

Karube軽部くんこと軽部武宏さんも妖怪にぴったりのおどろおどろしい絵を描かれますね。今回はまさに図鑑、それも原寸大に近いイメージ。迫力あるぅ〜、べんきょうになるぅ〜。


Oni「おにぎり」と「おに」の組み合わせ絵本がこれで今年3冊目。突然の「オニぎり」ラッシュに驚いています。やぎたみこさんならではの細かいところまで行き届いた絵で楽しさ倍増です。

Tototo表紙をみて感じたお話よりもずっとずっと楽しい素敵なお話でした。かえるさんちで素敵なパーティをしてくれるんですよ。


Eki木の樹液、いろんな虫が集まってきます。たまには争いが起こったりもしますが、虫や木のためにとても大切なことが樹液のまわりでたくさん行われていることが判ります。


Treeお父さんが銅版画をお嬢さんがイラストを担当して書き上げた親子合作です。文字がないので自由におはなしを読み取ることができます。


Ryousisan「よるのねこ」を描いたダーロフ・イプカーが認められるきっかけになった絵本だそうです。マーガレット・ワイズ・ブラウンのお話も素敵です。


Fukurou「おやすみなさいおつきさま」の絵を担当したクレメト・ハードが奥様と作られた絵本。科学絵本としてもおはなしとしても楽しめる、いい絵本だ!とかこさとしさんが絶賛のコメントを寄せていらっしゃいます。確かに、とってもいい絵とおはなしです。


そんなわけで、来月は8月2日(木)と6日(月)です。
ご参加お待ちしています〜。


| | コメント (0)

「はじめましての絵本たち」2012年7月1日目(7/5)

記・隊員3号 三蔵

本日の参加者は5人。
立川から2人、小金井から2人、所沢から1人。

嬉しいことにいつも参加してくださるHさんのお嬢さんのNちゃんからお手紙をいただいちゃいました。
心が暖かくなったので、早速お返事を書いてHさんに託しました。

でも、かわいい紙が手持ちになくて裏紙に書いたのは失敗だわ。
いつもかわいいメモなどを持ち歩くべきだと反省しました。

| | コメント (0)

「はじめまして」の準備です(7/2)

記・隊員3号 三蔵

7月の「はじめましての絵本たち」は7月5日(木)と9日(月)ですよ〜。

6月の記録を書く前に今月の講座が近づいてきてしまったので、
あたふたですが日程のお知らせを先に。

そんなわけで、本日は立川オリオン書房ノルテ店さんにて黙々準備作業。
途中地震があって驚いたけど、クールを装って黙々作業しました。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »