« 「はじめましての絵本たち」2012年5月 1日目(5/10) | トップページ | 5月の出前教室の予定について »

「はじめましての絵本たち」2012年5月 2日目(5/14)

記・隊員3号 三蔵

本日の参加者は9人。
え?
9人!
久しぶりに多いぞ〜、どきどき。
初めての方もいらして、どきどき。

内訳は、立川から2人、八王子から1人、小平から1人、東村山から1人、府中から1人、武蔵野から1人、所沢から1人、中野から1人。
ありがたいありがたい。
 
さて、久しぶりに今月の紹介絵本をちらり、といきましょう。
Ichigo
山岡かおるさんの貼り絵が光ります。
今回は「いちごのたね」の制作に大変多くの時間を割かれたそうです。
力作なのにそう見せないところがすばらしい。

Ofuro
台所からの実況中継、伝えるのはじゃがいも・にんじん・たまねぎの面々。
でも台所におふろってあったっけ?なにやら愉快なおはなしです。

Mitai
いつも見ているもの、でもこんなふうなところも見てみたい、と空想が広がります。
その空想の「ちょうど良い加減」にしびれました。

Nemunemu
あまりに冬が寒すぎて、自分たちの名前を忘れてしまったねむねむくんとねむねむさん。
春が近づき、すこしずついろんなものがとけていきます。
片山健さんと玲子さんご夫妻からの、あふれる春の喜びを感じる絵本です。

Piano
独特のタッチがすばらしいみやこしあきこさんの新作。
こんなにリアルなねずみがこんなにキュートに思えるなんて、すごいぞみやこしさん。

Silk
おくはらゆめさんの新作は、これまでになく夜の闇が美しいおはなし。
「シルクハットぞく」って、ふつう思いつきますか!?

Okaachan
「てんごくのおとうちゃん」の後日談。おかあちゃんがすばらしすぎます。大人は要ハンカチよん。

Sero
いつもまでも精力的な藤城清治さんは、作家かくあるべし、という気がします。どうぞご自愛くださいね。
(いまウィキペディアで調べたら「ホリプロ」所属だそうです。すごすぎます!)

Banri
くう〜、万里の長城は大勢の方々の血と涙と汗の結晶だったのですね。
泣かせます。

Mokkai
なんとも遊びごころの詰まった絵本!
子どもドラゴンのくりかえす「もっかい!」が激しすぎます。

Omocha

「かくれんぼジャクソン」「ナツメグとまほうのスプーン」のディヴィッド・ルーカスの新刊。
おもちゃたちの自由な様子がたまりません。


Hakubutkan
収集癖のキュッパがだんだん「展示」というものを形作っていき、博物館を作ります。
こういうことも絵本になるのね〜という、個人的には目から鱗ものでした。


そして、最後はこちらの一冊。開業間近の「東京スカイツリー」ものです。
Sigotoba_2
「しごとば」シリーズの「東京スカイツリー」特集号という趣。
鈴木のりたけさんの2年半にわたる取材日記が別冊付録でついています。
なんというか、「お疲れ様でした!」と声をかけたくなります。

次回はいつもの木曜日ではなく変則日程で、
6月15日(金)、18日(月)です。

ご都合がよろしければぜひご参加くださいね。

|

« 「はじめましての絵本たち」2012年5月 1日目(5/10) | トップページ | 5月の出前教室の予定について »

出前・はじめまして ~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「はじめましての絵本たち」2012年5月 1日目(5/10) | トップページ | 5月の出前教室の予定について »