« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

12月のリトミックであそぼう in 小金井

記・隊員2号(ニンニ)
クリスマスの12月!クリスマスソングだけでも気分の盛り上がるリトミックですが、今月の2回目は場所の確保都合で、2クラス合同をやったりとなんだかバタバタしてしまいました。
2クラス合同の回、いかがだったでしょうか?
大人数の楽しさもあったと思います。
通常のレッスンはいつもの人数がちょうどいいかと思いますが、たまには大人数でのイベントとかで開催できたらなぁ~と思っています。
2回目の回にはクリスマスのお飾りも作ってImg_6807_1_2Img_5249_4Img_0671_2

今月最後の回の壁面を飾ってもらいました。

下の写真は、レッスンの始まる前。

大きなツリーにはみんなで飾り付けをして、最後には豪華になったのですが…その写真を撮り忘れました。
いつものボール回しも、クリスマスソングに合わせてなど、クリスマスソング盛りだくさんのカリキュラムにしました。
お家でも、リトミックで作ったクリスマスの飾り、ぜひ飾って下さいね~。

| | コメント (0)

「はじめましての絵本たち」2010年12月号(12月13日)

記・とこペン隊隊員3号 三蔵

参加者は11名(ニンニさん含む)。
お一人当日キャンセルの方がいらして、残念。
立川から2人、国立から5人、八王子から2人、多摩から1人、小金井から1人。

イーダちゃんの「クリスマス新刊絵本」との二部構成効果でしょうか、参加者が多いのは嬉しいです〜。

わたし1時間、イーダちゃん30分、という時間配分だったのに、
2日間ともすっかりオーバーしてしまって、みなさま、大変失礼しました。

まだまだ、修行が足りんのぅ。
来年もがんばろう。

さて、そんな今年最後のはじめまして絵本から気になったものをちらり。

12fuyuneko

かんのゆうこさん文で、絵を担当する作家さんが季節ごとに変わるシリーズの一冊目。亡くなったおかあさんからの使いの猫のきりりと美しいすがたにしびれます。

12dots

赤とピンクのみずたまがほんとうに可愛らしい。みずたまちゃんがだれなのか、想像するたのしさも素敵です。

12oshogatu

1989年の「こどものとも」のハードカバー化。懐かしい昭和の年越し、お正月を堪能できますよ。

12kuma_2

くまのこの、だけど、日本のとしこしです。「くまのこ」にしたのは、性別を特定しないで、だれでも小さい人が感情移入できるような配慮なのかな、と思いました。

12makura_2

まくらは、頭をのせて寝ている人の夢を一緒にみることができるのですって!なのに、寝相がわるくて、一緒に夢を見られないマクちゃんの心のゆれがかわいらしいです。

12wakamoto_2

お医者さんがどうしても絵本をつくりたくなって作った絵本だそうです。純粋に絵本として楽しめばいいみたいですが、寓話かな?って思ったりもします。「わかもの」が「わかもと」に読めてしようがありません。「強力わかもと」って知ってる?

12aka

ジョン・バーニンガムとヘレン・オクセンバリーご夫妻はじめての共著ですって。赤ちゃんがやってくることを知ったお兄ちゃんの反応を、日々を追いつつ知ることができます。わたしも妹がくるとき、こんなこと思っていたのかなぁ、と遠い日を思い出したりします。

12buta

おなじみ、『ぶた』シリーズの番外編?ヘルシンキからパリへ場所をうつして、みんなで観光、というか、好き勝手に楽しんでいる様子がキュートです。

12anoko

『かあさんをまつ冬』コンビの新作。柵のむこうとこっち、白いひとと黒いひとの小さな垣根を乗り越えるおはなし。じ〜ん、ときます。

12tosho

アメリカの作家リチャード・ライト氏の若いころの実話。黒人が図書館で本を貸してもらえなかった時代に、仕事仲間の白人を通じて、本のすばらしさを知った彼。いまでは考えられない状況でも光りを見いだす強さに心打たれます。

12jikiru

「ジキルとハイド」というタイトルはよく聞きますが、読んでみるとその恐ろしさがひたひたとしみてきますよ。ミステリー好きの方にオススメです。

12wall

ピーター・シスの自伝的絵本。チェコ共産主義の時代とともに成長した彼、教科書でしか知らなかった「プラハの春」などのできごとが、その場にいたかのように伝わってきます。冷戦時代を振り返るのに最適な一冊です。

12ehon

『illustration 別冊 絵本 作家73人の話』、かがくいさんの遺作もふたたびオマケについてます。読み応えありますよ〜、保存版だわ。

寒い冬はお家でゆっくり絵本を読むのも楽しいですよね。
素敵な絵本との出会いがありますように。

次回は、
1月14(金)、17(月)です。

どんな新刊がでているか楽しみですね〜。
お時間あるかたは、ぜひぜひ遊びに来てくださいね。

| | コメント (0)

「はじめましてのクリスマス絵本 in オリオン・ノルテ」 12/13月

記・隊員1号(イーダ)

前回の教訓を生かし、参加者が多かったこともあって、今回は立ったまま絵本紹介。目線はいつもと違うけれど、落ち着いてできました。

今日で、とこペン講座も今年最後です。

店があるときは「よいお年を~!」が講座の最後のあいさつにならなかったのに、今では、これが講座最終日の今日のあいさつ。

では、今回紹介したものをチラリ。

                            32494345 32496230 32498405 32504825  32484834_3          

それから、残念ながら紹介できなかったものもチラリ。

32482205 32506330

今年は、三蔵さんが担当の、クリスマス以外の新刊におもしろいものがたくさんあって救われましたが、来年はどうなるんだろう。景気がよくなって、洪水とまではいかなくてもいいから、どきどきするようなクリスマスの出会いがあるといいのにな。

        

| | コメント (0)

「はじめましての絵本たち」2010年12月号(12月10日)

記・とこペン隊隊員3号 三蔵

参加者は5人(だったと思う)。
国立から1人、日野から1人、八王子から1人、小金井から1人、所沢から1人。

12月ともなると年越し&正月絵本もあって、
年の瀬を感じます。

西村繁男さんの『もうすぐおしょうがつ』が、
「こどものとも」の1989年12月号のハードカバー化ということだったので、
自己紹介のお題は「20年前はなにをしていましたか?」にしました。

ちなみにわたしは、大阪でOLしてました。
バブル、と呼ばれる時代だったけど、あんまり恩恵をうけていたとは思わないな〜。
薄給ながらも、毎晩お友達とご飯を食べてささやかに楽しんでいたように思います。
あれ?それがバブルなのかしら?

それにしても、
「20年前の記憶がはっきりある」、ってことが、なんだかすごいわ〜。

話が逸れましたが、
今回も素敵な絵本がたくさんありましたよ。

そして、講座後半はイーダちゃんの「はじめましてのクリスマス絵本」です。
なんだか、お得!

| | コメント (0)

「はじめましてのクリスマス絵本 in オリオン・ノルテ」 12/10金

記・隊員1号(イーダ)

三蔵さんの「はじめまして~」の後、クリスマス絵本の紹介に入りましたが、なんだかとっても緊張してしまいました。呂律もまわらず、滑舌も悪いし・・・・・。どうにも調子が変。

後でよく考えたら、絵本部屋のときと椅子が違って(このときは、カウンターの背の高い椅子)目線がいつもと違ったからだ~・・・ということにしておきましょ。

本日参加の方々、今年の最後がこんなんで、ごめんなさーい。

今日は、扉の向こうの「プチ・ぷちおはなし会」の盛り上がりが、心地よいBGMとなりました。

| | コメント (0)

「はじめまして」の準備です (12月9日)

記・とこペン隊3号 三蔵

今月の「はじめましての絵本たち」は、
いつもの新刊絵本と、「クリスマス」の新刊絵本の2本だて。

「クリスマス」絵本担当のイーダちゃんと、
オリオン・ノルテ店の事務所の片隅をお借りしてひたすら準備作業。

クリスマス前だから、と甘くみていたけど、
今月も新刊の多さにびっくり。

う〜ん、
毎回驚くけど、ほんとうにびっくり。

| | コメント (0)

「はじめましてのクリスマス絵本」の準備 12/9木

記・隊員1号(イーダ)

開店と同時にノルテさんに入り、明日からの講座へ向けての準備。

まず売場からピックアップ。やはり、今年はあまり出ていないな~。

事務所をお借りして、本の読み込み。

すでに、出張絵本講座などで読んでいたものも多かったのに、気づけば3時。

一緒に準備していた三蔵さんなんか、私が担当するクリスマス絵本の何倍もの新刊の紹介をするのに、5時には終わったらしい。ひぇ~。

やっぱり慣れていると、違うのねぇ~。

| | コメント (0)

出張絵本講座「絵本に描かれたクリスマス in おまめさんち」12/6月

記・隊員1号(イーダ)

武蔵野市のおまめさんちでの、クリスマス絵本講座の2日目。

今日は駅から乗るバスを間違えてしまい、降りるべきバス停には停まらなかったのですが、4回目の訪問ともなれば、道も覚えているのでバッチリ! じゃ、乗るバスを間違えるな? いいから、いいから(笑)。

今日は14名の方が参加してくださいました。さすが、おまめパワー。

でも、初めての方の割合も多く、本当は自己紹介をしていただきたかったのですが、それだけで時間が終わっちゃいそうだったので、泣く泣く断念。しかーし、それだけで時間が終わりそうなことが、ほかにもあったんです(汗)。ひぇ~。それは「おもちゃであそびタイ!ム」。

Img_0208 前回の「スピード」ではなく、今回はノルテさんでも扱っている、ヴァルター・クラウル社のメルヒェンカルテットで遊びました。

カルテットはメーカーが違えど、もう何度となく遊んでいる私です。だいたいの説明手順は心得ているし、どれくらい時間のかかるゲームかもなんとなく体で憶えているものです。

しかし、過ち(?)を犯してしまった・・・・・・。

14人全員で遊べる室内ゲームってなかなかないから、隣の席の人とペアになってもらい、7組で対戦すればカルテットで遊ぶのにはちょうどいいというもくろみだったのです。

だけど、このペアが仇に・・・(苦笑)。

2人で相談して、相手を指名するから、1人で決断するよりも迷いや遠慮が生じ、ずっと時間がかかるんですよねー。これを予測できなかった、不覚にも。だから、カルテットだけで、講座の終了予定時間にっ!Img_0210

でも、焦っていたのは私だけで、みなさん大笑いで盛り上がって遊んでくれました。うん、やっぱり楽しいカルテット。

そんなわけで、後半の絵本は、光のように駆け抜けて紹介しました。えっ、説明それだけ?みたいな。

そんなわけで、時間配分の修行がまだまだ足りない私ですが、おまめさんちに足を運んでくださって、そしてご家庭に絵本を運んでくださって、ありがとうございました!

Img_0212本日もお茶菓子は、リンゴとサツマイモのケーキ。人数が多かったので、先日とは形を変えて、パウンド型で2本焼きました。

クリスマスらしいナプキンを用意してくださったのは、主催者のおまめさん。私の手持ちの食器では足りず、お皿やカップもお借りしました。ありがとー!

では、最後におまめさんの登場!Img_0170 

ご自宅で近隣の子どもたちと、いろいろ作ったり、絵本を読んだりしています。

画像でおまめさんの着ている服は、既製品におまめさんが柄違いのポケットをたくさんつけたんですってよ。で、ときどきアタリが入っているんですって! アタリって何? おもしろーい。どうして、子どもたちを楽しませることを次々と思いついて実践できるんだろう。というか、自分で楽しんじゃっているおまめさんです。

先月からおまめさんちに通った、4日間。毎回、帰り際に私にお土産を持たせてくされました。

それが、どれもこれも、今までに食べたことがないくらいおいしいものばかり!

どうして、こんなにおいしいものを知っているの?と聞いたら、おいしいものが大好きで、おいしいものに出会ったら、それをみんなに伝える伝道師になるんですって。

うわーっ。

でも、私に教えてくれても、私のところでとまっちゃうかも~、独り占めして食べる性分で、根っつからの意地悪だから(笑)。

おまめさんちでの私の講座は、ここで一区切りですが、私もせめて絵本の伝道師となって、今後もみなさんのツボを刺激するようなものを紹介していきたいと思います。

| | コメント (0)

出張絵本講座「絵本に描かれたクリスマス in おまめさんち」 12/3金

記・隊員1号(イーダ)

先月おうかがいした、武蔵野市・おまめさんちへ。

今度はクリスマス絵本の紹介。

早朝から激しい雨でどうなることかと思いましたが、出かけるときにはほとんどあがっていて、助かりました~。一応、前夜のうちに、本をプチプチで包んで、ダンボール箱にいれて、さらにその上からビニールシートで包んでおいたのですが。まあ、降らないにこしたことはないです。

近隣の幼稚園に通う子どものママたち、おまめさんちの造形教室に通う子のママたちの参加が主なのですが、今日は幼稚園の行事と重なったということで、参加者は6名。いえ、本来はこれくらいが、絵本もよく見えて、ゲームも楽しめて、ちょうどいい人数なんですけどね。

紹介したクリスマス絵本は、新刊もあれば、定番もあり。

Img_0175 絵本を紹介する合間の「おもちゃであそびタイ!ム」では、カードゲームの「スピード」で遊びました。

これは、オリオンさんの商品でなく私物。

向かい合って座った人と対戦してもらいました。キャーキャー騒ぎながら対戦するペア、沈黙のまま手だけ動かすペアといろいろ。私は、一番はじめにゲームの見本として、おまめさんと対戦したのですが、久しぶりとあって、すごく焦ってしまい、いや~な汗をかきました(苦笑)。

Img_0178 Img_0179

終了後のお茶菓子は、家にあったリンゴとサツマイモでちゃちゃっと作ったケーキ。人数が少なかったので、小さな丸型で焼いて持っていきました。

素人作っぽい、素朴な味。まあ、良しとしましょう。

Img_0181

講座のあとは、自由に紹介した絵本を見ていただき、お気に入りになってもらえたものが、各家庭に旅立っていきました。さよ~なら~。

後日、同じテーマで講座をもう1回控えているのですが、いろいろと数が足りなくなり、おまめさんちを出た後に立川に向かい、ノルテで補充、補充。

在庫がもうないものは、違うクリスマス絵本と差し替えました。

ふぅ~。

そんなことになるのは前回もですが、予測していましたので、紹介する本のリストは私にしては珍しく、PCで作成しているのですよー。

| | コメント (0)

出前おうちでリトミックin北区 12月1日

記・隊員2号(ニンニ)

ペンギンハウス時代からのお客様、Nさんからのご依頼で北区のNさんのお宅で出前リトミックを行いました。

9ヶ月~1歳2ヶ月の5組の親子が集まってくれました。

ピアノの近くにぐるっと輪になって座ってもらっておひざの上でのリトミック。

ピアノの音でびっくりして最初に泣いてしまった子もすぐに笑顔になってくれて一安心。

こちらにもいつものリトミックで好評だった木琴を持っていきました。

どんぐりを転がして響くやさしい音色にお母さんたちが、きれい~と言ってくださったのがうれしかったです。

リトミックで、お母さんたちにも子どもたちと一緒に楽しい音やきれいな音を楽しめていただければと思っています。

Img_68071

最後には折り紙できつねを製作。

鼻先にどんぐりをつけて、落ち葉遊びをした落ち葉にもどんぐりをペタペタ。

これを使ってもう一度木琴を鳴らします。

どんぐりが小さかったので、よ~く耳を澄まさないと聞こえない音となってしまいました。来年は大きなどんぐりを拾わなきゃ!

でも耳を澄ます事も大事ですよね♪

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »