« 「はじめましての絵本たち」2010年7月号 (7月9日) | トップページ | 「はじめましての絵本たち」2010年7月号(7月12日) »

ぷちプチおはなし会 7月10日(土)

今回、幼稚園がお休みなので、久しぶりに来てくれた子、児童館で低学年に読み聞かせをしているというお姉ちゃんまで、2歳~10歳という幅広い年齢層の参加がありました。

読んだ絵本は・・・

『いいものみつけた』  かどのえいこ・作  おおしまたえこ・絵  あかね書房  
いいものというのは、単に視覚的に捉えていいものというより、例えば、椅子ならば馬にして遊ぶのに「いいもの」とか、エプロンなら「カンガルーのおかあさんになるのに「いいもの」・・・とういう感じで、「これはいいものがあった!」という感じの「いいものみつけた」です。参加のおかあさんたちの、これは困るとか、これくらいなら許せるといった反応も楽しかったです。

『ねずみさんのおかいもの』  多田ひろし  こぐま社 

『ねずみさんのながいパン』の第2弾として、10年ぶりに出た新刊です。ねずみのこどもたちもお使いにいけるほどに成長し、おかあさんに渡されたメモを持って、たくさんのお買い物をしてきます。ながいパンはもちろん(?)、花束やケーキ・・・とくれば、パーティの準備です。ねずみさんちにあかちゃんが生まれたようです。さすが、ねずみさんだけあって、子だくさん!

『りんごがひとつ』 ふくだすぐる作・絵  岩崎書店  
結構好きな作品です。りんごがひとつに、おなかをすかした、たくさんの動物。みんな、じっと、りんごを見つめていたら、おさるがさっとりんごをとって駆け出します。他の動物たちはずるいとばかりに追いかけます。そこからのおさると動物達の駆け引きがおかしい。最後のおちは、ほろっときます。

『かえるさんのおいけ』  なかのひろたか  教育画劇 
参加のお母さんもおっしゃっていましたが、この作品、案外、『ぞうさんのおさんぽ』の作者と結びつかないようです。水が干上がって、ちいさな水溜りになってしまった池に、まりこちゃんが一生懸命水を運んで池にします。ところが、次々と、体の大きな動物がやってきて、水かさが足りなくなり、先にいる動物とけんかをするのです。そのたびにまたまた水を運んでくるまりこちゃんがなんともけなげ。最後には、まりこちゃんも池に入っておおはしゃぎ。ちょっと背伸びをしている小さなお姉さんみたいなまりこちゃんと我儘勝手な動物たちの、ほのぼのとしたおはなしです。

次回から、幼稚園なども夏休みにはいるでしょうか。大きくなったお友達もぜひご参加ください♪


おまけ☆おもちゃのコーナーより☆
たおるの産地で有名な今治のメーカーからスタイやタオル・ハンカチ類が新しくおめみえ!安心の国産オーガニック綿の製品です。おもちゃや絵本と一緒に出産のお祝いに。普段使いに。いろいろお使いください。人気は、てぬぐい柄の、「たおるはんかち」 「てぬぐいたおる」。使い心地の良いとても実用的なものです。

|

« 「はじめましての絵本たち」2010年7月号 (7月9日) | トップページ | 「はじめましての絵本たち」2010年7月号(7月12日) »

ぷちプチおはなし会 in オリオン~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。