« はじめましてのクリスマス絵本 2009 | トップページ | はじめましての準備です »

「はじめましての絵本たち」09年12月号(12月14日)

記・隊員3号 三蔵

2日目は、
イーダちゃんに所用があり第一部で「はじめましてのクリスマス絵本」を、
第二部にいつもの「はじめまして」講座を行いました。

本日は8名の参加者。
立川から3人、日野から1人、国立から1人、東村山から1人、多摩から1人、昭島から1人。

今回は、皆さんの自己紹介のときに、
「何歳までサンタクロースが来ていましたか?」という質問にも一緒に答えていただきました。

ちなみにわたしは高校2年生(弟が小六のとき)まで、
イーダちゃんは幼稚園ぐらいまでですって!
個人差が大きかったけど、だいたいみなさん小学校の中学年ぐらいまでのようでした。
そうそう、「結婚してからも一度きてくれた!」という方もいましたよ。

では、今月のラインナップをちらり。
Ha0912nazo角野栄子さんのなぞなぞに長谷川義史さんが絵を付けられました。挿し絵が答えになっているので、問題を出すときは、ちょっと注意が必要かも。
Ha0912chika100「100かいだてのいえ」の第2弾。もぐってもぐってもぐります。最後が豪快でステキですよ〜。
Ha0912sora「そらにいちばんちかいところ」を探す男の子のはなし。大好きな長谷川直子さんの、これまた大好きな「初雪」ものですので、ワタクシ的に大プッシュです。
Ha0912fuyuこれは季節のシリーズ。「夏」「秋」ときていよいよ「ふゆ」。挿し絵が降矢ななさんで、冬の風景がた〜くさん詰まっています。
Ha0912hanag「はなげばあちゃん」というタイトルと表紙に、たじたじしてしまう一冊。こんなの有りなのでしょうか?ばあちゃんの関西弁も、さらに強烈ですわよ。
Ha0912kakashi「かえるのじいさまとあめんぼおはな」でおおいに魅了された深山さくらさんが、今回は黒井健さんと組んでかわいいおはなしを届けてくれました。
Ha0912nee「ねえ、ママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの?」、ふと子どもが口にする疑問に、キュートな回答をくり出すママ。なんてステキなんでしょ〜。
Ha0912jackイングランドの霜の妖精ジャック・フロストのおはなし。輝くばかりの色遣いが一層物語をもりあげます。
Ha0912horafuki「かくれんぼジャクソン」などでおなじみディヴィッド・ルーカスの読み物。といっても、モノクロの挿し絵がどのページにも効いています。
Ha0912yamete大好きな「もぐらのバイオリン」を描いたデイビッド・マクフェイルのほとんど文字無し絵本。男の子が「やめて!」と口にすることができてから、世界がすこしずつ変わっていきます。
Ha0912mottainai「モッタイナイ」の精神を広めているノーベル平和賞受賞のマータイさんの自伝的絵本。おはなしもいいですが、絵もとってもいいですよ。
Ha0912sendackセンダックの新作はオペラ。ナチスドイツの収容所でも演じられていたという歴史にびっくり。子ども達が、いやな大人をやっつけちゃう爽快劇です。
Ha0912hoshino「星の王子さま」が飛び出す絵本になりました。とても美しく仕上げられています、一見の価値あり、ですよ。

そして、おまけで紹介したうちわたしのおすすめは、ささめやゆきさんの「十四分の一の月」(幻戯書房)。
画像がなくて残念ですが、ささめやさんのひょうひょうとした文章と、しっとりしたイラストが心地よい一冊です。

さて、1月は、第2月曜が「成人の日」で祝日のため一週後ろにずらしての開催、
1月15日(金)、18日(月)、となりますのでご注意下さいね。
お申し込みは、オリオン書房ノルテ店のサービスカウンターまで、直接あるいは電話かメールにて、
おまちしていま〜す。

|

« はじめましてのクリスマス絵本 2009 | トップページ | はじめましての準備です »

出前・はじめまして ~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめましてのクリスマス絵本 2009 | トップページ | はじめましての準備です »