« 出張 「はじめましての絵本たち」 in こひつじ文庫 4 | トップページ | はじめましての準備です(2009年5月)5月7日 »

ぷちプチおはなし会 4月30日

平日ですが、ゴールデンウィークに入ったせいか、パパたちのご参加もありました。1回目は、今月、皆勤賞の電車好きの男の子。2回目は初めての方ばかりのご参加でした。

『いらっしゃいませ』 ふくだいわお・作  フレーベル館 
新刊絵本です。「おはなし会にようこそ」という気持ちも込めて、この絵本で始めました。お客様をお迎えするのに、着物を着て、おめかしして、お客様の好きなものを用意して、お出迎え。にんじんを用意して待っていると、ピンポーン、とやってきたのは?そう、うさぎさん。よく見ると、お客様にあわせて、かんざしを変えていたり、遊び心のある楽しい絵本です。 

『ことりのちいさなちいさなたまご』 フランセズ・バリー  大日本絵画

仕掛け絵本です。お父さん鳥が、巣を作って、お母さん鳥が卵を産みます。ひなが孵っていくまでの様子を、1ページずつ開くと、絵本全体が、花びらが開いたようになる素敵な絵本です。子ども達は、だんだんに木によってくる、ちいさなあお虫たちも逃さず見ていました。 

『のりものあれあれえほん』  石川重遠  文化出版局

30年前の作られた絵本で、ちょっと昭和レトロな感じが素敵な絵本です。「ひこうき」「ふね」「でんしゃ・きしゃ」「じどうしゃ」「ふね」の4冊組みになっています。半折りのしかけも楽しいです。東京駅に集まった、1世代前(車体の色・柄が違います)の電車をみながら、これは中央線、東海道線、これは???と、参加のママと盛り上がりました。さすが、現役ママ、よくご存知です。
 
『くれよんぐるぐる』  まつながあき・作  はやしるい・絵 くもん出版 
くもん出版ほんとに小さい子が描きそうな、くれよんでぐるぐる描いた絵に、切り紙をちょこっと貼り付ると・・・、ぶどうや、どんぐりに変身!おうちでもまねっ子できそう。 『かくれているのなあに』 ディック・ブルーナ  講談社 ぶらんこやすべりだい、身近なものが、影絵の中にかくれています。まだ、言葉で表現できなくても、公園に行って、遊んだことのあるもののようで、みんな、かわいい反応をしてくれました。 

リトル・アイ6 『WHAT COLOR』  駒方克己  偕成社 
前回読んだ『FIRST LOOK』『ONE FOR MANY』と併せて、楽しみました。12のカードには、それぞれ、ちいさな丸い穴があり、12の基本色が見えています。カードを開くと・・・、なにが現われるでしょう?「いないばあ」のような楽しさがあります。

|

« 出張 「はじめましての絵本たち」 in こひつじ文庫 4 | トップページ | はじめましての準備です(2009年5月)5月7日 »

ぷちプチおはなし会 in オリオン~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。