« ドタドタ・バタバタ | トップページ | 来週から10月の絵本部屋 »

出張絵本講座 ほんわカフェ

記・隊員1号(イーダ)

出張・おとなたちの絵本部屋に行ってきました。

場所は北区の個人宅。絵本の勉強会&カフェの「ほんわカフェ」です。

主宰のyukkoroさんがペンギン時代から絵本部屋に来てくださっていて、その流れでのお呼ばれです。ご近所の人たちなど、7名の方が参加してくださいました。

テーマは、「デイヴィッド・ウィーズナーの絵本」。ペンギン時代にも取り上げたテーマですが、このときyukkoroさんは予定があわなくて参加できなかったそうで、そんなところから決まったテーマです。

あのときは『漂流物』のコールデコット賞は決まっていたものの、翻訳はまだ出ていませんでしたから、一応、今回のほうがラインナップが多いということになります。

久々にウィーズナー絵本を読み返してみて、やっぱりいい!

私は好きだ!

参加者のみなさんも、すごーく喜んでくださったような気がします。なかなかこういう文字なし絵本をじっくり見ることは、日常生活のなかでは難しいですものね。私だって。それに、みんなで見ることの楽しさもあると思います。

ウィーズナーの絵本って、目にはつきやすいけれど、パッと開いて、「あら文字がないのね」「リアルで気持ち悪い」と、またパッと閉じられやすいけれど、じっくりみるとユーモアたっぷりだし、読者に読み方をゆだねられているし、描かれていない隙間もいろいろ想像できるし、リアルな絵で不思議なことを見せてもらうと何でも起こりそうな気がするし、魅力たっぷりだと思います。

「おもちゃであそびタイ!ム」も盛り上がりました。「牧場のかくれんぼ」というカードゲームで遊んだのですが(最近、出張はこればっかだな)、みなさん「絵(形)を言葉に置き換えてしまうと反応がにぶくなる」など、いろいろ大人ならではの弱点を分析していて、ナルホド!と私も考えさせられました。

Img_0004_1 絵本を読んだ後は、yukkoroさんお手製のスイーツが2種! かぼちゃのパウンド&かぼちゃのタルト! これがおいしいのなんの! かぼちゃのタルトって、長年かぼちゃ嫌いだった私をかぼちゃ好きにさせてくれた、すばらしいお菓子です。やっぱりおいしいわ~。

最近、お菓子づくりをまったくしていないので、私もかぼちゃのお菓子をつくろうかしら。今回のほんわカフェで触発されました。

とても楽しい、出張・絵本部屋でした。そして、太陽の光と風が通る、とてもステキな、そして懐かしさ漂う空間でした。こんな場所で大好きな絵本をみなさんと楽しむことができて、幸せ~。

|

« ドタドタ・バタバタ | トップページ | 来週から10月の絵本部屋 »

出張絵本講座 ~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

ほんわカフェに来て下さって,どうもありがとうございました!!
至らない点も多かったと思うのに(私ってほんとスマートじゃないなあ・・・ってつくづく思うけど),こんな風に書いて下さって感激。

私はもちろん参加者の皆もとってもとーーっても喜んでたと思います!
ウィーズナーの魅力を知って,本当に得した気分。
それも,こうやってじっくり見られたからこそ!
映画をたくさん見たような気分にもなって,本当に深い満足感。

ありがとうございました。
またいつか是非!と思ってます。

そうそう,かぼちゃ嫌いじゃないか事前に聞こうと思ってたのに,聞きそびれちゃって・・・。
ダメならりんごのケーキでも,って思ってたのに,それも言いそびれ・・・。
ごめんなさい!食べてもらえて良かったです。

投稿: yukkoro | 2008年10月17日 (金) 10時20分

happy01yukkoroさん!

何から何までありがとうございました。
「ほんわカフェ」、いいネーミングだし、名前にぴったりの空間ですね。yukkoroさんのつくりだしているステキな雰囲気に、私の絵本部屋があったのかどうか…。でも、いいわ! 楽しかったし。

参加者のみなさんもとーっても気さくな方たちだったので、まーったく緊張しませんでした(←少しはしろよ!)

また、機会があれば、ぜひ呼んでくださいませ~。

(私、基本的に食べ物の好き嫌いないから、そんなに心配しないでも大丈夫だったのにぃ)

投稿: 隊員1号・イーダ | 2008年10月17日 (金) 22時22分

こんにちは!食欲の秋、読書の秋ですね。
この日記を読んだ次の日、ノルテさんに行ったので、
児童書コーナーをのぞいてみました。
すると、ウィーズナーの本がとっておきの棚(と勝手に思っている)に飾ってあるではありませんか!
思わず「セクター7」を開いてびっくり!ぱらぱらっと眺めるつもりが、次々とページに引き寄せられて鳥肌が!
もしかしたらその場で「わぁー!」とか声が出てたかも…
「セクター7」はもちろん家に連れて帰りましたよ。
日曜日の夕方、児童書コーナー奥にいた怪しいおばさんは私です。

投稿: ぼんちゃん | 2008年10月20日 (月) 22時35分

happy01ぼんちゃん! こんにちはー。

実はノルテさんで、ウィーズナーコーナーをつくっているのは私のせいなのですcoldsweats01

先日の出張絵本部屋の使用本、当日にはなんとかラインナップは(1点をのぞいて)そろっていたものの、希望冊数はそろっていなく、それがなーんと講座が終わった翌日にドドッと入荷たのです。

本当はあの場所、違う作家のコーナーを予定していたらしいのですが、そんなわけで急遽ウィーズナーに切りかえたらしいです。

でも、BLさんも喜んでいるという話だし、こうして講座で紹介したんじゃなくても、ぼんちゃんの目にとまって連れて帰ってもらったわけで、ノルテさんに済まないな~と思ってたけれど、私、いいことしたじゃん!(単純)って気持ちになりました。

ありがとー!

投稿: 隊員1号・イーダ | 2008年10月21日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドタドタ・バタバタ | トップページ | 来週から10月の絵本部屋 »