« とこペン隊へのお問い合わせについて | トップページ | 原画展  in オリオン書房 準備 »

ぷちプチおはなし会7月20日

夏休みに入り、また日曜日ということもあって、お父さんやちょっとおおきいお子さんも参加してくださいました。少し幅広い年齢層になると、子ども達の反応もさまざまで、楽しいおはなし会になりました。いつもにもまして、子どもってとてもよく絵をみてるなぁ、言葉のリズムをよく聞いてくれてるなぁと、感じたおはなし会でした。暑い中のご参加ありがとうございました。
読んだ絵本は・・・
20080720_5 20080720_6
20080720_2  20080720_3
20080720_4  20080720

『おばけのアイスクリームやさん』 安西水丸・作  教育画劇  893円(税込)
暑くなりましたね。1冊目はアイスクリームのおはなしで始めました。おばけのアイスクリームやさんの作ってくれるアイスクリームは、ハトさんアイス、うさぎさんアイス、どれも楽しい形のアイスです。読み終わったあと、「どのアイスが食べたい?」って聞いてみたら「ぞうさんアイス~」という返事がありました。ぞうさんアイスは大きそうだものね。
『メイシーちゃんのプール』  ルーシー・カズンズ・作  なぎともこ・訳  偕成社  1,050円(税込)
オリオン書房ノルテ店の近くにある昭和記念公園の中の大きなプールが始まったようです。朝、プールバックを持って公園に向かう子ども達を見かけました。おはなし会に参加のちっちゃなお客さんたちは、まだビニールプールで水あびぐらいかな。そこで、『メイシーちゃんのプール』を読んでみました。メイシーちゃんはビニールプールに空気を入れてふくらましますが、あらあら大変、穴があいていたようですよ。
『きんぎょがにげた』  五味太郎・作  福音館書店書店  780円(税込)
夏の風物詩、「金魚」がでてくる絵本はこれを選びました。兄弟で参加してくれた男の子たちが競って、にげたきんぎょを探してくれます。ページを開くと、読む暇もない早さで「ここっ!」
大型絵本『でんしゃにのって』  とよたかずひこ・著  アリス館  7,980円(税込)
夏休み、おばあちゃんのところに出かける子ども達も多いのではないでしょうか。今日、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に来てくださった方もいらっしゃいました。うららちゃんは、でんしゃに乗って、一人でおばあちゃんのところに出かけます。おばあちゃんがいるのは「ここだ」駅です。途中、「くまだ駅」では、くまが、「うさぎだ駅」ではうさぎが・・・といろなお客さんが乗ってきますよ。駅を発車すると、「ガタゴト~ガタゴト~」と電車が走ります。「ガタゴト~ガタゴト~」と読むと、自然に身体が揺れている女の子がいました。きっとよく電車でおでかけするのでしょうね。
『ねないこだれだ』  せなけいこ/さく・え  福音館書店  630円(税込)
『でんしゃののって』の最後に登場する駅は「おばけだ」でした。そこでお次はこの絵本。ねないこはおばけになってとんでっちゃいます。夏はついつい夜更かししがち。でも、今日参加の幼稚園に行っているお兄ちゃんは7時に寝るそうです。えらいね~と、赤ちゃん連れのおかあさんからほめられていました。おばけになっちゃったら大変だものね。
紙芝居『おばけちゃんとことこ』 長野ヒデ子/脚本・絵  童心社  1,470円(税込)
おばけちゃんは散歩の道々で、落ちているものをどんどん身に着けていきます。浴衣は似合うかしら?下駄は履けるかしら?・・・と、すかさず「下駄ははけないよ!足ないもん」という子どもの声が。なるほどね~。
『さよならさんかく』  わかやまけん・絵  森比左志・文  こぐま社  840円(税込)
子ども達のリクエストにより、最後はこの絵本で。おなじみのわらべ唄さよならさんかくが、形→物→色 色→物→形 形→物→色・・・と展開していく楽しい絵本です。30年以上前に作られたとは思えない、今でも子ども達に大人気のこぐまちゃんシリーズですが、今回、「まるまるはなあに」のところに描いてあるレコード盤をみて、元気よく「DVD!」という声が。時代の流れを感じました。

|

« とこペン隊へのお問い合わせについて | トップページ | 原画展  in オリオン書房 準備 »

ぷちプチおはなし会 in オリオン~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。