« 6月のはじめましての絵本たち inオリオン書房ノルテ店 | トップページ | プチリトミック6月(土) »

ぷちプチおはなし会6月10日

6月に入ったら、雨に関連した絵本をと思って、プログラムを考えていました。ところが、5月のおはなし会はあんなに雨が多かったのに、今日はぴかぴかのいいお天気。傘のパネルシアターを用意していましたが、悩んだ末、またの機会にやることにしました。急遽差し替えたプログラム、楽しんでいただけたでしょうか。
読んだ絵本は・・・

Photo

『ぞうのふうせんやさん』  安西水丸  教育画劇  893円(税込)
新刊絵本から。ぞうのふうせんやさんが、動物たちに風船をふくらましてくれます。カエルにはカエルの形の、うさぎにはうさぎの形の風船を作ってくれるんですよ。カブトムシや、シカの形の風船にいたっては、天晴れと言う感じがします。お母さんたちからも思わず、「くすっ」という笑い声が。
『カンカンカンでんしゃがくるよ』  津田光郎 ぶん・え  新日本出版社 714円(税込)
電車好きの子ども達に大人気の絵本です。1歳の男の子はかぶりつき。「かんかんかん・・・」というせりふだけで、興奮のようすでした。
『ちいさなみどりのかえるさん』  さく・フランセス・バリー  やく・たにゆき  大日本絵画   1,365円(税込)
花びらのように開くページをあけると、たまご⇒おたまじゃくし⇒かえると成長していく様子が描かれています。かえるになったとき、開いていったページが蓮池になっているところが、う~ん、とてもよくできています。
『ぴょんたのたいそう』  さく・ルース・ティルデン レタリング・たかさきよしみ やく・かがわけいこ  大日本絵画 1,260円(税込)
さあ、たまごから孵った元気なかえるさん。お次は体操です。みんなもできるかな?みんなでのびて~、たおれて。両手を広げてジャンプ、ジャンプ。子ども達とまねっこして楽しみました。
『マットくんのトラックトラック』  作・絵 ピーター・シス  訳・中川ひろたか  BL出版  1,260円(税込)
このおはなしは、トラックがいっぱい散らかったマットくんのお部屋からはじまります。そのページをみた、車好きの男の子のお母さん、「そのうち、ああいう風になるのかな~」と一言。クルマごっこをしながら片付けているマットくんは、いつの間にか、運転手になってトラックを動かしています。来ている子ども達もきっとマットくんと同じ、運転手になった気分で聞いてくれたのでは。長く楽しんでもらえる絵本だと思います。
『こぐまちゃんのどろあそび』  若山憲/絵  森比左志・わだよしおみ/文  こぐま社  840円(税込)
雨上がりはどろんこあそびに最適!と思って用意した1冊です。最近はどろだんごの作り方の本まで出るくらい、どろだんご作りは、今も子ども達に魅力ある遊びなのでしょうね。いかにまんまるでつるつるに仕上げるか。こぐまちゃんはまだ小さいので、そこまでこだわってないかもしれませんが、やっぱり作ったどろだんごは綺麗に並べて、どろだんごへの思い入れが伝わってきます。そうやって、他の子が一生懸命こだわってやっていると、それをこわしたくなるんですね~。しろくまちゃんがやってきて、こちらは、つぶす快感に浸ります。だめだめと喧嘩する二人ですが、仲直りしたあとは、二人が入れるくらいの大きな穴を、力をあわせて掘ります。二人で掘った穴は、一人で作ったどろだんごより、一人で潰した楽しさより、ずっとずっと満足感があったことでしょうね。

|

« 6月のはじめましての絵本たち inオリオン書房ノルテ店 | トップページ | プチリトミック6月(土) »

ぷちプチおはなし会 in オリオン~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。