« 復活「はじめまして」の準備 | トップページ | 原画展・搬入 »

ぷちプチっとおはなし会

記・とこペン隊員0号(ゼロさん)

お久しぶりでございま~す。

オリオン書房店員になって、はや1ヶ月半。

おかげさまで、楽しく刺激に満ちた仕事に充実した毎日(出ているわけではありませんが)を送っております。

さて、今月から、オリオン書房店員として、とこペン隊員0号のおはなし会をすることになりました。

アップが遅くなりましたが、10日(土)に第1回目が終了。そのときの様子を。。。

あいにくの雨で参加者は少なかったですが、こじんまり楽しくできました。

Img_0119_2  読んだ絵本は

      

『おひさまあかちゃん』  高林麻里  主婦の友社  945円(税込)

あかちゃんブックとして2004年1月に出ていたものが、少し版が大きくなって今年の1月にハードカバー化されました。最初のページいっぱいに描かれたおひさまに元気をもらえそう。言葉のリズムがよくって、楽しくなります。

『こりゃまてまて』  中脇初枝・ぶん 酒井駒子・絵  福音館書店  600円(税込)

こちらも、月刊誌こどものとも0.1.2で出ていたものが、ハードカバーになって、今月新刊で登場。おはなし会前日に入荷してきたのですが、即読むことに。言葉はとてもシンプル。ちょうちょう、ねこ、はと、とかげ・・・。それぞれの生き物を「こりゃまてまて」と幼い子どもが追いかける。すると、どうなるかなということが、絵で描かれています。土曜日ということもあり、4歳と6歳の男のが参加してくれたのですが、このあたりをとても楽しんでくれていたのは、この絵本の深さだと思いました。最後にお父さんがやってきて、子どもを「こりゃまてまて」と肩車してどこかに出かけていきます。『おひさまあかちゃん』も最後にママが登場して一緒におはようとなるのですが、見守ってくれている大人と一緒にお話が終わる辺りが、何気ない展開のようで、幼い子へのお話には大切な要素だと思います。

『ちょうちょうひらひら』  まどみちお  にしまきかやこ こぐま社    945円(税込)

『おべんとうなあに』  山脇恭・作  末崎茂樹・絵  偕成社 1,050円 (税込) 

お弁当持って、ピクニックへ出かけるのに気持ちのいい季節になりました。ぞうくんやうさぎくん達もお弁当を持ってピクニックへ出かけます。さて、お弁当タイムになり、みんながふたをあけると・・・。「はなたばずし」や「しんかんせんべんとう」といった、思わず「わぁ~」と言いたくなるような楽しいお弁当が登場。4歳の男の子はさすがによく絵をみていて、落ちを一生懸命先に教えてくれるのでした(笑)。2歳の女の子は、この絵本が気にいったようで、おはなし会が終わったあとも手にしてみていました。

『いろいろじゃがいも』  山岡ひかる・作  くもん出版  840円(税込)

『いろいろたまご』『いろいろごはん』に続き、今度はじゃがいもです。この絵本は切り紙で作られているのですが、写実的でないのに、肉じゃがのお肉の質感や、ポテトサラダのむにむに感がとてもよく出ています。『いろいろたまご』の生卵の白味にも参りましたが、今回もおいしそう~。山岡ひかるさんは、絵本を作るとき、実際にそのお料理をみて創作されるのだそう。と、書いてありました。

『さよならさんかくまたきてしかく』  文・松谷みよ子  絵・上野紀子  偕成社  735円 (税込)

最後はこのわらべ歌絵本で締めくくり。なぜだかわかりませんが、たくさん絵本をよんだあとでも、この絵本はみんなとても集中してきいてくれます。

みんなたくさん絵本をほんとよく聞いいてくれました。次回は20日(火)10時30分~と11時30分~の2回です。ぜひ、ご参加ください。

|

« 復活「はじめまして」の準備 | トップページ | 原画展・搬入 »

ぷちプチおはなし会 in オリオン~日記&レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。